ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

北朝鮮、20日にもICBM試験発射の可能性=韓国メディア

2017年1月19日

[ソウル 19日 ロイター] - 北朝鮮が近く、大陸間弾道ミサイル(ICBM)を試験発射する可能性がある。韓国メディアが19日、軍関係者の情報として報じた。

報道によると、発射は差し迫っている可能性があり、20日のトランプ次期米大統領の就任に合わせて行われる可能性もある。

韓国の朝鮮日報が軍関係筋の情報として伝えたところによると、同国情報当局は18日、ICBMの一部とみられるミサイル部品が輸送されるのを最近確認したと報告した。

この関係筋は朝鮮日報に対し、中距離弾道ミサイル「ムスダン」とは長さや形が異なると指摘し、「組み立てのため輸送していた可能性もある」と語った。

韓国軍合同参謀本部の報道官は定例記者会見で、報道内容は確認できないとした上で、ICBMをめぐる北朝鮮の動きを韓国軍は監視していると述べた。

*内容を追加しました。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧