ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

EU首脳が英離脱方針を歓迎、独首相「EUは結束して交渉へ」

2017年1月19日

[ベルリン 18日 ロイター] - 欧州連合(EU)首脳は18日、英国のメイ首相が行ったEU離脱の交渉方針に関する演説について、歓迎の意を示した。

ドイツのメルケル首相は、英国がEU加盟の権利を失うことなしに人の移動の自由を制限できない点を受け入れたことを歓迎。

経済会議後の共同会見で「離脱交渉で英国のいいとこ取りは認められない」と述べ、単一市場へのアクセスはモノ、資本、人、サービスの移動の自由と結びついていることを強調した。

さらに「欧州は分断させない。われわれは非常に集中的な対話により結束を強める」と述べた。

同席したイタリアのジェンティローニ首相は「EUは、結束と英国との友情で協議する用意がある」と述べた。

スウェーデンのロベーン首相は、正式な離脱通告後の2年間の交渉期間は十分でない可能性があると危惧。ダボスで開催されている世界経済フォーラムで「交渉期間は実質的には1年半で、交渉日程をよく考える必要がある。2018年の秋は複雑な交渉には非常に短い期限で、英国は日程についてやや楽観的だ」と指摘した。

ユンケル欧州委員長は、メイ英首相にEUの交渉担当者は「敵対的」ではないと表明。スロバキアのフィツォ首相は、離脱交渉で残りの27カ国が英国より不利益を被ることがあってはならないとくぎを刺した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧