ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

世界の石油・ガス発見量、2016年は70年ぶりの低水準=調査会社

2017年1月19日

[ロンドン 18日 ロイター] - ノルウェーの調査会社ライスタッド・エナジーによると、2016年に世界で発見された石油・天然ガスの埋蔵量は石油換算で60億バレル強となり、1940年代以来約70年ぶりの低水準となった。原油価格の下落を背景に企業が探査活動を大幅に削減したことが響いた。

ライスタッドが公表した数字にはここ数年の供給増をけん引してきた北米のシェール資源は含まれていない。

沖合で発見された石油・ガス資源は石油換算で23億バレルと、10年の水準を90%下回った。

ライスタッドのシニアアナリスト、ソナ・ムラダ氏は、新規に発見された油田が生産を開始するには一定の時間がかかるため、16年の石油発見量の大幅減が短期的に世界の供給量に影響を及ぼすことはないが、探査会社の投資動向によっては約10年後に影響が出る可能性があると指摘した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧