ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

前場の日経平均は続伸、上値では戻り待ちの売り

2017年1月19日

[東京 19日 ロイター] - 前場の東京株式市場で日経平均株価は前日比176円93銭高の1万9071円30銭となり、続伸した。ドル/円が114円台後半まで円安方向に振れたことで、寄り付きから主力輸出関連株に買いが先行した。弱含む円相場を受け、日経平均は一時200円を超える上昇となったが、高値圏では戻り待ちの売りが出て伸び悩む展開となった。TOPIXも続伸した。

前日の米国市場では、米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長が講演で、緩やかな利上げは理にかなうと発言したことなどを材料視し、米10年債利回り<US10YT=RR>が2.4%台を回復。金融セクターが堅調だったことを受け、東京市場でも前日売られた銀行株が業種別上昇率の上位に入った。

しかし、指数は買い一巡後はやや上値の重さが目立ち伸び悩んだ。トランプ次期米政権の財務長官に指名されたムニューチン氏の指名公聴会を今晩に、米大統領就任式を翌日に控え、買い上げづらい状況にある。

市場からは「就任式終了後も、閣僚人事や予算など消化しなければならないイベントは目白推し。1月5日の高値(1万9615円40銭)を抜けてくるような強さは見られない」(大和証券シニアストラテジストの石黒英之氏)との見方が出ている。

東証1部騰落数は、値上がり1509銘柄に対し、値下がりが369銘柄、変わらずが125銘柄だった。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧