ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

オバマ米大統領、情報漏えいで服役中の米兵士を減刑

2017年1月19日

[ワシントン 18日 ロイター] - オバマ米大統領は18日、政府等の内部文書を公開する民間サイト「ウィキリークス」に機密文書を提供し、米軍法会議で禁錮35年の判決を受けて服役中のトランスジェンダー(性別越境者)の陸軍兵士チェルシー・マニング受刑者の刑を約7年に減刑すると発表した。

ホワイトハウスによると、今年5月にも釈放される見通しだという。

オバマ大統領は最後の記者会見で、裁判に出廷し、罪を認めたマニング受刑者は減刑に値すると語った。オバマ氏は17日、受刑者209人に減刑を、64人に恩赦を与えた。

共和党の議員らは、減刑が機密漏えい者に対する危険な前例となると批判。トランプ次期米大統領の報道官となるスパイサー氏は18日、「非常に厄介なメッセージ」と記者らに述べた。

 「ウィキリークス」の創始者ジュリアン・アサンジ容疑者は12日、マニング受刑者が釈放されたら、犯罪捜査が行われる米国への身柄送還に応じるとツイッターに投稿していた。だが、オバマ氏は、「アサンジのツイートには、あまり注意を払っていない」として、減刑との関連を否定した。

アサンジ容疑者の米国を拠点とする弁護士は18日付の電子メールで、同容疑者はマニング受刑者の「即時釈放」を求めていたとし、今回の減刑は「不十分」だと述べた。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧