ダイバーシティ推進を原動力に、持続的成長を目指す

カルビー

ダイバーシティ推進を原動力に、
持続的成長を目指す

著者・コラム紹介
1
nextpage

カルビーは平成28年度「女性が輝く先進企業表彰」の内閣総理大臣表彰を受賞した。トップの強力なリーダーシップの下、女性管理職比率を高め、“ライフ・ワーク・バランス”の実現を通して、ダイバーシティ推進の日本一企業を目指している。

 カルビーが女性活躍推進のため社内改革を本格的にスタートしたのは2010年。同年4月にダイバーシティ委員会が設立され、「女性の活躍なしに、カルビーの成長なし」という大号令のもと、ダイバーシティ推進の取り組みが始まった。

 その歴史は、松本晃代表取締役会長兼CEOが15年前、前職(ジョンソン・エンド・ジョンソン社長)のとき、米国人の上司に言われたことに遡る。

 「あるグローバルなミーティングで、“日本の人口の半分は女性なのに、女性を全く活用していない。世界中で女性を活用していないのは日本とパキスタンくらいだ。パキスタンは宗教上の理由があるが、日本は何の理由もない。なぜやらないんだ!”と指摘されたのです。言われてみればその通りだと思い、以来ムキになって取り組み始めました」(松本会長)

カルビー
松本 晃 代表取締役会長兼CEO

 現在、カルビーの女性従業員比率は47.5%、女性が従業員の約半数を占める。ダイバーシティの推進が始まってから、同社の女性管理職比率は大幅にアップした。10年4月の5.9%から16年4月には22.1%に。女性の執行役員も5人を数え、女性工場長も誕生、15年2月には女性初の上級執行役員も誕生した。

 松本会長はこう語る。「マネジメント層が男性ばかりでは、片翼しか使わずに飛行しているようなものです。優秀な人は男女を問わず優秀です。マネジメント層が男性や有名大学出身者のみで偏っていては、カルビーが成長できるわけがないのです」。

内閣総理大臣表彰を受ける松本会長

 執行役員の中には、小学生2人の子を持つワーキングマザーもいる。同社では女性の積極的な登用をダイバーシティの取り組みの柱と考えており、20年には女性管理職比率を30%にすることを目標としている。

1
nextpage

[PR]

DOLトップへ
お問い合わせ先

内閣府男女共同参画局  

http://www.gender.go.jp/policy/mieruka/company/hyosyo.html


「女性が輝く先進企業表彰」とは

女性が活躍できる職場環境の整備を推進する先進的な企業を表彰する制度で、同様の取り組みが他の企業へ波及していくことを目的に、平成26年に創設された。女性の登用に関する方針、取り組みや実績、それらの情報開示に顕著な功績があった企業が表彰される。内閣総理大臣表彰と内閣府特命担当大臣(男女共同参画)表彰があり、関係府省、都道府県、政令指定都市等から推薦された企業の中から、選考委員会の意見を聞いて被表彰企業を決定する。平成28年度に、表彰を受けたのは下記の7社。各企業の取り組みを連載で紹介する。

平成28年度
「女性が輝く先進企業表彰」受賞企業

内閣総理大臣表彰 カルビー
損害保険ジャパン日本興亜
内閣府特命担当大臣
(男女共同参画)表彰
あいの土山福祉会
大和証券
北洋銀行
明治安田生命
ユーシステム



DOL plus

「DOL plus」

⇒バックナンバー一覧