ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

テスラEV初の死亡事故、車両欠陥の証拠ない=米当局

2017年1月20日

[ワシントン 19日 ロイター] - 米運輸省道路交通安全局(NHTSA)は19日、米電気自動車(EV)メーカーのテスラ・モーターズ<TSLA.O>が生産する「モデルS」の初の死亡事故を調査した結果、車両の欠陥を示す証拠は見当たらなかったと発表した。同車種のリコール(回収・無償修理)は求めない方針を示した。

昨年5月にフロリダ州で起きた死亡事故では、モデルSのドライバーが「オートパイロット(自動運転)」モードを使用中にトラックに衝突。NHSTAは6カ月にわたって調査を実施した。

この事故は大きく注目され、自動運転システムの安全性に疑問が投げ掛けられていた。このためNHTSAの調査結果は、自動運転車の開発を競い合っているメーカー各社には支援材料となりそうだ。

運輸省のフォックス長官は記者団に対し、ドライバーは運転に際して自分の義務を重大に受け止めなければならず、自動車メーカー各社は自動運転システムの限界を説明する必要があると述べた。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧