投資信託おすすめ比較[2017]
2017年1月24日公開(2017年10月27日更新)
バックナンバー
ザイ・オンライン編集部

「株式インデックス型」のおすすめ投資信託はコレ!
日経平均、先進国、新興国など、5つのタイプ別に
成績に直結する「信託報酬」が安い投資信託を紹介!

信託報酬が圧倒的に安い、おすすめの「株式インデックス型」投資信託とは? 現在発売中のダイヤモンド・ザイ3月号では、大特集「2017年の主役が勢揃い!最強日本株&投信番付」の中で、投資信託をいくつかのジャンルに分けて、その成績から相撲の番付形式でランキングを紹介している。

今回はその中から、「株式インデックス型ファンド」のランキングを一部抜粋して公開! ひと口に「株式型」といっても「日経平均型」や「先進国株型」など種類がある。ここでは、各種株式型インデックスファンドの「横綱」に選ばれた5つの投資信託を紹介しよう!

インデックス型投資信託は低い運用コストに注目!

 株価指数への連動を目指す「株式インデックス型」の投資信託は、運用方法がすべて同じため、信託報酬の高低が成績に直結する。そこでダイヤモンド・ザイ編集部では、信託報酬の低い順にランキングを作成(※信託報酬が同率の場合は販売会社の多いほうを上位にした。データは2016年12月末時点のもの)。

 日本の株式に投資するタイプは「日経平均型」と「TOPIX型」の2つに。世界の株式に投資するタイプは「先進国株型」「新興国株型」、両者に投資する「グローバル株型」の3つに分けた。

 ここからは、5つのジャンルの株式インデックス型ファンドの中で、それぞれランキング1位(横綱)になった銘柄を紹介していこう!

ニッセイノーロードシリーズが日本株型や先進国株型の横綱に!

 まず「日経平均型」の横綱には、「ニッセイ日経平均インデックスファンド(ニッセイ)」が選ばれた。2016年11月に設定されたばかりだが、画期的なほどコストが安い。信託報酬は0.2%未満と最安。販売手数料はゼロで、換金時の手数料、信託財産留保額もゼロなのは魅力だ。

 続いて「TOPIX型」の横綱には、「ニッセイTOPIX インデックスファンド(ニッセイ)」が選ばれた。これは、「ニッセイ国内株式インデックスマザーファンド」に投資して「TOPIX(配当込み)」の動きに連動する投資成果を目指す投資信託で、前出の「ニッセイ日経平均インデックスファンド」と同様に、信託報酬は0.2%未満。販売会社は「ニッセイ日経平均インデックスファンド」よりも2社多い。

 「先進国株型」の横綱は、「ニッセイ外国株式インデックスファンド(ニッセイ )」となった。この投資信託は、日本を除く主要先進国の株式で構成される「MSCIコクサイ・インデックス」に連動する商品。前出の「ニッセイ日経平均インデックスファンド(ニッセイ)」や「ニッセイTOPIX インデックスファンド(ニッセイ)」よりは信託報酬は高いが、それでも0.22%の運用コストで先進国株式全体に投資できる意義は大きい。

 すでにお気づきのとおり、ここまでの3部門で横綱となっているのは、すべてニッセイアセットマネジメントの「ニッセイノーロードシリーズ」。インデックス型投資信託の低コスト競争が激化する昨今、2016年11月に信託報酬を最安に引き下げたことが実った。

 続いて「新興国株型」では、0.37%の最安信託報酬を実現した「iFree シリーズ」の「iFree 新興国株式インデックス(大和)」が横綱に。2016年9月に設定されたばかりの新しい銘柄だ。

 中国、インド、インドネシア、メキシコなどの新興国の株価で構成されている「FTSE RAFIエマージングインデックス」に連動。長期的な成長が見込める新興国株に0.37%の低コストで手軽に投資できるのが魅力だ。

 最後に「グローバル株型」は、大型株も小型株も幅広く投資できる「三井住友・DCシリーズ」の「三井住友・DC全海外株式インデックスファンド(三井住友アセット)」が横綱に選ばれた。DC(確定拠出年金)と名がつくが、通常の投資信託と同様に売買できる。これは、日本を除く世界の株式市場の値動きを示す「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス」に連動する成績を目指す商品。世界の株式に幅広く投資したい人にうってつけで、その割に信託報酬は0.27%とかなり低い。

【※関連記事はこちら!】
【証券会社おすすめ比較】2017年最新版!投資信託取り扱い数ランキング!
インデックス投資で運用利益1000万円オーバー! 資産配分からポートフォリオ、積立方法まで、個人投資家・吊られた男さんの手法のすべてを公開!
インデックスファンドとETFの二刀流で利益アップ! 運用成績+40%超のインデックス投資家・kenz氏の資産配分とポートフォリオ、おすすめ銘柄を紹介!

【ピックアップ!】
【2017年 最新版】「インデックスファンド」コスト比較ランキング! 信託報酬・実質コストがもっとも安いファンドは?
インデックス投資で運用利益1000万円オーバー! 資産配分からポートフォリオ、積立方法まで、個人投資家・吊られた男さんの手法のすべてを公開!

【2017年11月2日時点】
◆【証券会社比較】投資信託取り扱い数 最新ランキング

順位 投資信託本数 最低積立金額
全体 ノーロード
(手数料無料)
積立対応
1位 ◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
2534本 1189本 2418本 100円
【特徴・メリット】
投資信託本数の取扱本数は、ネット証券ではトップ。インターネットコースでは投信積立の買付手数料が全額キャッシュバック! また、投資信託の月間平均保有額に応じてSBIポイントが貯まる「投信マイレージサービス」のもメリットだ。。保有額が1000万円以上なら獲得ポイントが2倍になるので、投資信託が本格的に資産形成を考えている人には、かなりお得だ。また、銘柄検索ツール「パワーサーチ」やファンド選びをサポートするツール「SBI‐ファンドロボ」などの機能も充実。最近では、低コストな個人型確定拠出年金にも力を入れている。ただ今、新規口座開設キャンペーン中。2017年9月29日(金)までの期間で、30万円以上の投資信託(買付手数料があるファンド限定)買付けにより最大1万5000円現金プレゼントキャンペーン中
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・SBI証券の公式サイトはこちら
2位 ◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
2461 1188 2329 100円
【特徴・メリット】
投資信託の保有残高10万円ごとに「楽天スーパーポイント」が4ポイント貯まる。積立なら、保有残高が増えるほど多くのポイントがもらえる。ポイントは投信の買付代金にも利用できる。投資信託の最新事情がわかる「楽天証券レポート&コラム」や、最大5銘柄の基準価額の推移を比較できる「投信スーパーサーチ」など、投資信託選びのサポートもバッチリ。2016年7月からは、ロボ・アドバイザーが銘柄選択や売買タイミングまで判断してくれる新サービス「楽ラップ」を開始。また、スマホ専用のロボ・アドバイザー「ロボのぶくん」もある。個人型確定拠出年金は運営管理手数料が0円
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング!SBI証券の公式サイトはこちら
3位 ◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
1071本 623本 989本 100円
【特徴・メリット】
積立購入では「ゼロ投信つみたて」プログラムにより、買付手数料が全額キャッシュバックされる。ファンド探しは、「ファンド検索」に加え、3つの質問に答えるだけ探す方法もある。ファンド選びに迷ったらマネックス証券おすすめ「セレクトファンド」あり。ポートフォリオの分析・リターン予測・アドバイスなどの機能がある「MONEX VISION β」が便利だ。2016年9月から1万円から始められる個人投資家向けロボ・アドバイザーサービス「MSV LIFE」開始。投資信託購入時の申込手数料の1.5%分がマネックスポイント(1ポイント=5円相当)でプレゼントされる。また、月中平均残高の0.08%分の1/12が月ごとにポイントでプレゼントされる。航空会社のマイルやSuica、ショッピングなどのポイントと交換可能。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・マネックス証券の公式サイトはこちら
順位 投資信託本数 最低積立金額
全体 ノーロード 積立対応
4位 ◆カブドットコム証券⇒詳細情報ページへ
1019本 593本 964本 500円
【特徴・メリット】
手数料無料のノーロード投信が多いのもメリット。「プレミアム積立」は500円から可能で、スマホ・タブレットからも手続きができる。ロボットによる投資信託のポートフォリオシミュレーションサービスアプリ「FUND ME™」(Androidアプリ、iPhoneアプリ)リリース。積立の銘柄選びに役立つのが「セレクション」。ジャンルごとの代表的な銘柄が複数紹介されている。ファンド探しはランキングやファンド検索から。月間保有金額100万円で1ポイントがもらえる「毎月ポイント」は、100ポイントで1万円の現金プレゼント。保有額が3000万円以上ならポイントが2倍になる。また、2017年12月29日まで、積立買付けの購入手数料を全額キャッシュバックする「投信フリー積立」キャンペーンを実施中。 
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・カブドットコム証券の公式サイトはこちら
5位 ◆SMBC日興証券⇒詳細情報ページへ
943本 427本 563本 1000円
【特徴・メリット】
上記の投資信託本数はネット取引「ダイレクトコース」の取扱商品。2017年10月からネット取引で366本の投信手数料引き下げ。ノーロード投信も300本→約400本に拡大した。「投信つみたてプラン」では、買付最低金額が1000円から。初回引落特典としてNTTドコモのdポイント500pt、また、引き落とし毎に3ptがもらえる。三井住友銀行と連携する「バンク&トレード」利用で毎月10万円まで申込手数料が無料に。投資信託選びは通常の「ファンド検索」と、質問に答えてファンドを探す「投資信託ナビゲーション」がサポート。分配金額を含めた損益を把握するには「投資信託等に係るトータルリターン通知制度」が便利だ。「投信つみたてプラン」の利用で抽選でdポイントが1万ポイントが当たるキャンペーン中。12月29日(金)まで。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・SMBC日興証券の公式サイトはこちら
 ※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。
Special topics pr


ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

12月号10月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【株で資産倍増計画![2018年版]】
1億円に早く近づく厳選56銘柄を公開
億超え投資家資産倍増の極意
・今後1年の日経平均の高値&安値を大予測
プロが提言! 2018年に日本株を買うべき理由! 
・変化の追い風を先読み! 新デフレ&新興国株
・好業績&割安! 上方修正期待株&成長割安株
・第4次産業革命! 独自技術を持つ部品株
新iPhone上がる株 25
利回りが大幅アップ!「長期優遇あり」の優待株
・今買うべき新興国株投資信託ベスト25
ネット証券のサービスを徹底比較! 
・怖いのは死亡・入院だけじゃない!
「働けない」を 助ける保険! 
iDeCo個人型確定拠出年金老後貧乏脱出!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング