ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米経済の過熱容認はリスク、緩やかな利上げ継続すべき=FRB議長

2017年1月20日

[パロアルト(米カリフォルニア州) 19日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長は19日、FRBは十分な雇用を維持し、インフレ率を低く抑えるため、依然やや緩和的な金融政策スタンスを維持しつつ、緩やかな利上げを継続すべきとの見解を示した。

スタンフォード大学経済政策研究所での講演で議長は「米経済の『過熱』継続を容認するのは賢明ではなく、リスクが高い」と指摘した。

議長は、FRBの政策が後手に回っている、あるいは米国のインフレ率が急上昇することを示す兆しはまだないと断った上で「金融政策スタンスを時間をかけて緩やかに調整するのが賢明だ」と語った。

FRBは先月、25ベーシスポイントの利上げを決定し、2017年には利上げペースが加速するとの見通しを示した。

失業率は4.7%と、長期的に持続可能とみなされる水準に近づき、インフレ率もFRBが目指す2%に近づいている。

左派寄りのエコノミストや活動家の一部はFRBに対し、金利を低水準に維持することで失業者により多くの機会を提供するとともに、伸びが停滞している賃金の押し上げにつなげるよう求めている。トランプ次期大統領は、経済成長を加速させるための税制や規制改革を含む一連の経済政策を約束してきた。

イエレン議長は金融引き締めの遅れがインフレ急上昇、急激な利上げにつながり、米経済を阻害する恐れを警告する一方、世界経済の先行き不透明感や国内の生産性の低い伸び、財政政策の変更を踏まえると、FRBが強い雇用を促しながらインフレを抑制する金利調節を見極めるのは「容易ではない」と述べた。

議長はさらに、金利決定に当たってFRBは、スタンフォード大学のジョン・テイラー教授(元財務次官)が提唱した「テイラー・ルール」を含め一連の政策ルールを参考にしていると言明した。ただ、低金利環境におけるショックに対処する際にFRBが持ち合わせている柔軟性が不足していることについて、こういったルールは考慮しておらず、他の多くの重要な要素についても勘案していないと指摘。機械的に導入するべきではないと主張した。

テイラー教授からの質問に対しては、FRBにテイラー・ルールの順守を求め、ルールから逸脱した場合には監査対象とする法案には反対すると改めて表明。そのような法律は、FRBに対する短期的な政治圧力につながると批判した。

*内容を追加し、キャプションを修正しました。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧