ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

オリックス、英銀RBSの船舶担保融資の取得で合意=関係筋

2017年1月20日

[東京 20日 ロイター] - オリックス<8591.T>は 英銀大手ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS) <RBS.L>から約2億9000万ドル(330億円)の船舶担保ローン債権を取得することで合意した。複数の関係筋が明らかにした。

自己資本規制の強化などを受け、欧州の銀行が海運業界向け融資の削減に動くなか、オリックスは今後も「海運市況がこれ以上大きく悪化することはない」(関係者)と判断し、優良な貸出先を中心に割安となったローン債権を買い取っていく方針だ。

ロイターは昨年12月、RBSが少なくとも6億ドルの海運業界向け融資の売却でオリックスを含む複数の金融機関と合意に近づいていると報じていた。

RBSが売却する融資ポートフォリオは、主にギリシャの海運業界向けのもの。

関係筋によると、オリックスが取得するのは正常債権を中心にしたもので、これにより貸出先である船主に対するファイナンスや船舶の管理、売買の仲介などの関連ビジネスへの展開を狙いたい考えだ。

RBSはかつては海運業界への融資で世界首位。同行が取り組んでいる大規模なリストラの一環として、海運業界向け融資事業を段階的に縮小する方針を表明している。関係者によると、一時は同事業全体(30億ドル相当)を売却する方向でオリックスなどと交渉していたが、合意に至らなかった。

オリックスの広報担当者はコメントを差し控えた。RBSからはコメントを得られていない。

(浦中 大我)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧