ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

2017年のユーロ圏インフレ率見通しは1.4%、原油高で上昇=ECB

2017年1月20日

[フランクフルト 20日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)が20日公表したユーロ圏経済に関する専門家予測調査(SPF)によると、原油価格の上昇により短期的なインフレ見通しが上昇している。長期予想は変わっていない。

インフレ率見通しは2017年を1.4%、18年を1.5%、19年を1.6%とし、ECBの目標である「2%弱」へ緩やかに近づく見通しだという。12月速報値は1.1%だった。

食品とエネルギーを除いたコア指数は今年1.1%上昇する見込み。18年は1.3%、19年は1.5%との予想だ。

2021年までの長期インフレ見通しは引き続き、目標値近辺となる1.8%と予想した。

域内総生産(GDP)伸び率については17年、18年、19年を1.5%と見込む。21年までに1.6%へ加速するという。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧