ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

北朝鮮の核の脅威「差し迫る」、対話で解決できる状況にない=韓国大統領代行

2017年1月23日

[ソウル 23日 ロイター] - 韓国の黄教安(ファン・ギョアン)大統領代行(首相)は23日の演説で、北朝鮮からの核ミサイルの脅威が「差し迫っている」とし、もはや対話で解決できる状況にはないとの認識を示した。

黄氏は北朝鮮のミサイルは明らかな脅威であるため、最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の配備を遅らせることはできないと指摘。

また、国内外で不透明感があるなか、企業に対する支援を増やせない状況にこれまであったことを「残念に思う」と表明。企業に対し、積極的に投資を拡大し、革新を加速することで、雇用創出と景気回復で主要な役割を果たすよう呼びかけた。

*内容を追加しました。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧