ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

中国人民銀の主要行向け一時的資金供給、新たな政策手段=現地紙

2017年1月23日

[上海 23日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)傘下の中国金融新聞網は23日、人民銀が20日に行った主要銀行への短期資金供給について、季節的な資金需要の高まりを緩和するための新たな政策手段と位置付けた。

中国の短期金融市場は旧正月の休日を前に資金調達コストが約10年ぶりの水準に上昇。これを受けて人民銀は大手銀5行にTLFと呼ばれる一時的な流動性支援を行った。金融新聞網は銀行システムに数千億元が供給されると指摘した。

人民銀は預金準備率を頻繁に引き下げることを回避したとし、これは大量の流動性が銀行システムに流入して金利低下を促し、金融緩和期待が高まって人民元に下落圧力がかかることを避ける狙いがあると説明した。

その上でTLFは人民銀の政策手段の一つとなり、今後も重要な役割を果たすとの見方を示した。

ANZのエコノミストは20日に公表した顧客向けリポートで「今回の措置は新しく異例なもので、おそらく臨時の措置だろう」と指摘。「国内総生産(GDP)が安定しインフレ圧力が増していることを踏まえれば、広範な金融緩和を行うマクロ経済上の理由はなく、誤ったシグナルを送ることになっていた」と分析した。

さらに「経済の特定の分野で今後支援が必要になれば、(人民銀は)別の手段を打ち出す可能性がある」とした。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧