ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

判断維持「一部に改善遅れも、緩やかな回復基調」=1月月例経済報告

2017年1月23日

[東京 23日 ロイター] - 政府は、1月の月例経済報告で、前月の景気の判断を踏襲し「一部に改善の遅れもみられるが、緩やかな回復基調が続いている」とした。前月は21カ月ぶりの上方修正となったが、今月は個別項目を含め判断の変更はなかった。

個人消費は先月、「持ち直しの動きがみられる」に改善し、今月はそのまま維持した。

11月の消費総合指数は前月比マイナス0.8%となった。需要側統計の家計調査が弱かった半面、販売側統計は伸びている統計が目立つほか、12月分が発表されている消費者態度指数や新車販売台数はしっかりと回復している。

設備投資は「持ち直しの動きに足踏みがみられる」としたが、輸出や生産は「持ち直している」と判断。

先行きは「雇用・所得環境が改善するなか、各種政策効果もあって、緩やかに回復していくことが期待される」としている。「ただし、海外経済の不確実性や金融市場の変動の影響に留意する必要がある」という点も前月を踏襲した。

(中川泉)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧