ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

メキシコ、米加との自由貿易堅持目指す 他国とも協定模索=大統領

2017年1月24日

[メキシコ市 23日 ロイター] - メキシコのペニャニエト大統領は23日、外交政策について演説し、米新政権との協議において北米自由貿易協定(NAFTA)加盟国であるカナダと米国との自由貿易の堅持を求めるほか、他国との二国間貿易協定の締結も目指していく考えを表明した。

大統領は米政権との率直で開かれた対話が重要だと強調し、「(NAFTA)3カ国間の貿易は関税や割当の一切ない状態で行うべきだ」と述べた。

米国とメキシコは今週、ワシントンで高官が会談し、貿易や安全保障、移民政策について協議する。月末にはペニャニエト大統領とトランプ大統領の首脳会談が行われる。

ペニャニエト大統領はトランプ氏との会談に向けて10項目の目標を掲げ、NAFTAに通信、エネルギー分野を追加することなどを目指すとした。

また、米国が正式に離脱した環太平洋連携協定(TPP)について、署名国との間で二国間協定の締結を直ちに模索すると表明。

ブラジル、アルゼンチンなど南米諸国やアジアとの経済協力を強化する考えも示した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧