[ワシントン 23日 ロイター] - 米連邦地裁は23日、独フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>の排ガス不正問題を巡り、同社が米国の販売店に総額12億1000万ドルの補償金を支払う和解案を認めた。

それによると、VWの販売店は18カ月にわたり平均185万ドルを受け取る。また、販売台数に応じた奨励金の支払いも継続することなどでも合意した。

VWがこの問題に絡み米国のオーナーや当局などへの支払いに合意した金額は、合わせて最大220億ドルに上る。