ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米財務長官候補、ボルカー・ルール緩和の意向 上院委の質問に

2017年1月24日

[ワシントン 23日 ロイター] - 米財務長官に指名されたスティーブン・ムニューチン氏が、銀行の自己勘定取引を制限する「ボルカー・ルール」の緩和を優先課題の一つに据えていることが、ロイターが23日に確認した文書で明らかになった。

ムニューチン氏は上院財政委員会のメンバーからの質問に対する書面での回答で、規制当局は自己勘定取引の制限を余りに多くの取引に適用していると指摘。

自身が財務長官に就任した場合、金融安定監視評議会(FSOC)議長として自己勘定取引の定義を厳格化し、銀行が市場に必要な流動性を供給できるようにする考えを示した。

また、ボルカー・ルールは連邦預金保険の対象行のみに適用すべきだとした。現行では連銀貸出やその他政府支援の対象となる銀行に適用されている。

ムニューチン氏は、商業銀行と投資銀行の分離を定めたグラス・スティーガル法(1999年廃止)を改定した上で復活させる方針もあらためて示した。詳細には踏み込んでいないが、従来よりも緩い内容となる可能性を示唆した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧