ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

TPP、米国除く11カ国での行動は考えてない=萩生田官房副長官

2017年1月24日

[東京 24日 ロイター] - 萩生田光一官房副長官は24日午前の会見で、トランプ米大統領が環太平洋連携協定(TPP)離脱の大統領令に署名したことに関連して、「米国を除く11カ国での行動は前提として考えていない」と述べた。

萩生田副長官はTPPについて「安倍晋三首相が明言しているとおり、TPPは米国抜きでは意味はなく、利益のバランスが崩れる。米国にとっての具体的意義への理解を促すべく、粘り強く働きかけたい」と語った。

安倍首相がターンブル豪首相と昨夜、電話会談したことにも触れ、「TPPの重要性について意見交換した」としたが、「詳細は控えたい」と述べるにとどめた。

(石田仁志)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧