[ハリウッド(フロリダ州) 23日 ロイター] - 株価指数の開発・算出を手掛ける米MSCI<MSCI.N>のヘンリー・フェルナンデス会長兼最高経営責任者(CEO)は23日、中国が資本規制を強めるなら、中国本土に上場している人民元建て株式(A株)をMSCIの新興国市場株価指数に採用するのは難しくなる、との見方を示した。

フロリダでのイベント会場でロイターの取材に応じた。

経済成長の鈍化や強いドルを背景に、人民元は昨年、ドルに対し7%下落。1994年以来の大きな下落率となった。人民元安に歯止めをかけようと、中国はここ数カ月、個人や企業による資金の国外持ち出しへの規制を強化している。

フェルナンデス氏は、もし中国側が市場開放の動きを逆行させ「出口」を規制するのであれば、「顧客に良いサービスを提供することにはならないため、MSCIがA株を指数に採用するのは難しくなる」と強調。

中国における資本規制はまだ、国外の投資家に影響を与えるには至っていないが、MSCIは最大級の影響をもたらす可能性をはらんだ問題として見守っていると説明した。

一方で、上海、香港両証券取引所の相互取引が深セン証券取引所にも広がり、海外投資家の中国株へのアクセスが改善していることを挙げ「中国は大きな前進をみせている」と評価。1月下旬に始まる春節後に、MSCI指数へのA株採用をめぐる中国当局との協議が本格化する可能性が高いとの見方を示した。

MSCIの株価指数に組み込まれれば、何千億ドルという投資資金の流入が可能になるが、MSCIは昨年、中国はもっと市場を開放する必要があるとして3年連続で採用を見送った経緯がある。