ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

トランプ氏、パイプライン建設促進 大統領令に署名

2017年1月25日

[ワシントン 24日 ロイター] - トランプ米大統領は24日、カナダから米国に原油を輸送する「キーストーンXL・パイプライン」と米ノースダコタ州に敷設予定の石油パイプライン「ダコタ・アクセス」の建設を推進する大統領令に署名した。エネルギーインフラ拡大に向けオバマ前政権の主要な環境政策を覆した。

トランプ氏は選挙戦で国内エネルギー生産拡大を公約に掲げ、就任前から二つのパイプライン建設を進める意向を示していた。

署名を受けて、トランスカナダ<TRP.TO>はキーストーンXL建設について再申請すると表明。申請は国務省が審査し、60日以内に決定される。

スパイサー大統領報道官は、キーストーンXLについて「国にとって極めて重要だ」と述べた。

輸送能力が日量80万バレルを超えるキーストーンXLは、カナダから米メキシコ湾岸までを結ぶパイプライン。約10年前に計画されたが、シェールオイルの生産拡大に伴って国内での供給が増え、輸入の必要性が低下していた。

カナダのカー天然資源相は、同パイプラインはカナダですでに必要な承認を受けていると述べ、この事業は「カナダにとって非常に好ましい」とコメントした。

トランプ大統領は、米国内で建設されるパイプライン建設に米国製の鉄鋼製品を利用する必要があるとする大統領令にも署名。

トランプ氏はキーストーンXLについて、条件を再交渉する意向を表明。建設部門で2万8000人の雇用が創出される可能性があるとした。ただ、国務省が2014年の報告で示した建設関連3900人、常勤職35人という雇用創出効果とはかけ離れている。

ダコタ・アクセスについても条件を再交渉する可能性があるとした。

同パイプラインの建設に反対してきた先住民族スタンディング・ロック・スー族は24日声明を出し、大統領令の阻止に向けた措置を取ると表明した。

一方、ノースダコタ州の石油協会は大統領令がエネルギー安全保障への大きな前進だとして歓迎した。同州の石油生産量は日量100万バレル程度となっている。

*内容を追加します。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧