[ハンブルグ 24日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のラウテンシュレーガー専務理事は24日、速やかに出口政策の議論を始めるべきとの認識を示した。

同氏は講演で「(ユーロ圏内で)インフレ安定上昇に向けたすべての前提条件が整っている」と指摘。「早期に出口問題に取り組めると楽観している」と語った。

同専務理事は、ECBが一時的なインフレの上昇に反応することがあってはならないとし、あと何件かの良好な指標が必要になる可能性もあるとも指摘。

ただ、後手に回る恐れがあるためECBはインフレの回復をめぐるすべての疑念が晴れるまで待つべきではないとし、「緩和的な金融政策は重病人に投与する薬のようなもので、効き目は当然あるが副作用もある。一部の非伝統的な措置は他の措置よりも強い副作用を持つものがある」と述べた。

*内容を追加して再送します。