ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

トランプ氏の通商政策、報復行為招く恐れ=プラートECB専務理事

2017年1月25日

[ローマ 24日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のプラート専務理事は、トランプ米大統領の国際貿易問題に対するアプローチは2カ国間協定をより重視する姿勢を示唆しており、取り残された国・地域からの反発を招く恐れがあるとの考えを示した。

通商に対するトランプ氏の姿勢は、歴史の教訓から、世界貿易において報復のリスクを生むだろうとし、慎重を期さなければならないと述べた。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧