ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

第4四半期台湾GDPは前年比+2.58%、約2年ぶりの高い伸び

2017年1月25日

[台北 25日 ロイター] - 台湾主計処が発表した2016年第4・四半期の域内総生産(GDP)速報値は、前年比2.58%増で、2015年第1・四半期(4.01%増)以来ほぼ2年ぶりの高い伸びを記録した。市場予想(3.1%増)は下回った。

台湾製ハイテク機器への強い海外需要が成長率を押し上げた。ただ、米国が保護主義に傾くなか、2017年の見通しは不透明感が増している。

季節調整済みの前期比では1.89%増で第3・四半期(3.91%増)から鈍化した。

2016年年間では1.4%成長で、15年の0.72%から加速した。

主計処は第4・四半期の押し上げ要因として、「主要な貿易相手国の経済が安定化し、半導体需要が大幅に拡大、原材料価格が回復した」ことなどを挙げた。

輸出は10─12月の各月に前年比で増加し、輸出受注と鉱工業生産は8月以降増加が続いている。

内需は半導体産業の投資がけん引した一方で、政府消費は引き続き弱かった。

*内容を追加します。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧