ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

タックスヘイブン化は常軌逸した選択、ユーログループ議長が英に警告

2017年1月25日

[アムステルダム 24日 ロイター] - ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)のデイセルブルム議長は24日、英国が欧州連合(EU)離脱後にタックスヘイブン(租税回避地)化を選択すれば、「常軌を逸した後退」であり、英国とEUの双方に悪影響を及ぼす、と警告した。

議長はオランダのRTLテレビで「欧州大陸の沿岸でタックスパラダイスのような存在になれば、欧州にとっても良くないが、イングランドにとっても良くない。英国にとっても良くない」と指摘。

 「脱税への取り組みで英国と緊密に協力している現在の環境下では、常軌を逸した後退となる」と述べた。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧