[東京 25日 ロイター] - 安倍晋三首相は25日の経済財政諮問会議で、「経済再生と財政再建、社会保障改革の3つを同時に実現しながら、1億総活躍の未来を切り開いていかねばならない」と述べた。

その上で、企業に対しては少なくとも昨年並み水準の賃上げを求めた。

首相はまた、同会議の民間議員から「自由貿易体制の維持と強化に貢献するとともに、強靭(きょうじん)な国内経済を構築することが重要」との意見が出たことも明かした。