ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

インド、財政健全化ペースが格上げの鍵=S&P

2017年1月25日

[ニューデリー 25日 ロイター] - 格付け会社S&Pは25日、インドについて、財政健全化ペースが格付け引き上げの有無を左右する鍵になるとの見方を示した。

アナリストのカイラン・カリー氏は電話インタビューでロイターに対し、インドは格上げの可能性を高めるため、公的債務残高の対国内総生産(GDP)比を早期に60%未満に引き下げるよう、一段の取り組みが必要と指摘。

インド政府の債務はおおむね国内で保有されているものの、債務の対GDP比率は66%と、新興市場国としては高いと述べた。

S&Pは昨年11月、インドの格付けを投資適格級で最低等級の「BBBマイナス」に据え置いた。見通しは「安定的」。

一方カリー氏はインド経済については、高額紙幣廃止の影響にもかかわらず、成長は引き続き「非常に強い」と述べた。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧