ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

独景況感、トランプ大統領の影響はまだ見られず=IFO研究所

2017年1月25日

[ミュンヘン 25日 ロイター] - ドイツIFO経済研究所のエコノミスト、クラウス・ボールラーベ氏は25日、トランプ米大統領の就任以来、現時点で国内の景況感への影響は出ていないとの見方を示した。

ボールラーベ氏は、独企業はトランプ大統領の発言ではなく行動を見極めようとしていると指摘。同大統領はまだ、保護主義的な政策を決定したわけではないと話した。

さらに「自動車産業を含め輸出への期待は高まっており、トランプ氏の影響は数字には表れていない」と述べた。

トランプ大統領はBMW<BMWG.DE>などの独社製自動車に対し、米国への輸入時に35%の国境税を課すと示唆している。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧