ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米イーベイ、第4四半期は3.1%増益 取引増加で

2017年1月26日

[25日 ロイター] - 米電子商取引大手イーベイ<EBAY.O>が発表した2016年第4・四半期決算は、プラットホームの刷新で取引が増加し、3.1%の増益となった。

純利益は59億4000万ドル(1株当たり5.30ドル)と前年同期の4億7700万ドル(同0.39ドル)から増加。主に海外事業に影響する法律上の再編に関連し46億ドル相当の税制上の恩恵があった。

一時的項目を除いた1株利益は0.54ドルで、アナリスト予想と一致した。

売上高は23億2000万ドルから24億ドルに増加。アナリスト予想も24億ドルだった。

サイトでの総取引額を示すグロス・マーチャンダイズ・ボリューム(GMV)は2.2%増の223億4000万ドルとなった。

イーベイは米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>や店舗中心の従来型小売業者との競争にさらされ、固定価格商品の表示を改善するなどプラットホームの刷新を進めている。

BGCパートナーズのアナリスト、コリン・ギリス氏は「イーベイにとって転換のプロセスだ」と述べた。

同社は2017年第1・四半期について、調整後の1株利益が0.46─0.48ドル、売上高が21億7000万─22億1000万ドルとの見通しを示した。

アナリスト予想は1株利益が0.50ドル、売上高は22億1000万ドル。

2017年通期については調整後の1株利益が1.98─2.03ドル、売上高が93億─95億ドルとの見通しを示した。アナリスト予想はそれぞれ2.06ドルと93億6000万ドルで、1株利益はアナリスト予想を下回った。

決算発表を受け、株価は引け後の時間外取引で8%超上昇した。

*内容を追加しました。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧