ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

1月の英鉱工業受注、約2年ぶり高水準 コストは上昇=産業連盟

2017年1月26日

[25日 ロイター] - 英産業連盟(CBI)が発表した1月の鉱工業受注はプラス5と、昨年12月のゼロから上昇し、2015年4月以来の高水準を記録した。市場予想のプラス2も上回った。

欧州連合(EU)離脱決定以降も、英経済が底堅さを維持していることがあらためて示された。

調査では、製造業者が投資拡大を計画しているほか、楽観的な見方が約2年ぶりの水準に高まっていることも判明。EU離脱協議の行方は大きな懸念材料になっていないことを示唆した。

CBIの首席エコノミスト、レイン・ニュートン・スミス氏は「国内需要が上向き、楽観的な見方が広がる中で、英製造業はエンジン全開の状況」と指摘。一方で「ポンド安は輸出見通しを改善する一方で、企業のコストを押し上げており、最終的には消費者にも影響する」とした。

製造業が想定する今後3カ月の価格設定に関する指標はプラス26からプラス28に上昇し、2011年6月以来の高水準となった。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧