[東京 26日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比203円17銭高の1万9260円67銭となり、続伸して始まった。取引時間中としては1月13日以来、約2週間ぶりの高値を付けている。

米国市場でダウ<.DJI>が史上初めて2万ドルの大台を突破したことを好感し、幅広く買いが先行。 金融セクターや自動車、鉄鋼、海運など景気敏感セクターの上昇が目立っている。ただドル/円が113円台前半でやや弱含む動きをみせており、日本株は寄り高後は伸び悩む展開となっている。