ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

英、足元でインフレ加速でも賃上げ進まず=調査

2017年1月26日

[ロンドン 26日 ロイター] - 英調査会社XpertHRが26日公表した報告書によると、昨年末に英国のインフレ率が上向き始める中でも、賃金の伸びは低く抑えられたことが分かった。

2016年10─12月の給与の上昇率は中央値で1.9%となり、12月のインフレ率1.6%をわずかに上回るにとどまった。

2016年通年でも、給与上昇率の中央値は1.9%で、前年の2%からやや低下した。民間セクターの給与上昇率は平均で2%、公的セクターは同1%だった。

多くのエコノミストは英国のインフレ率が2017年に3%に達すると予想している。

XpertHRの賃金分析エディター、シーラ・アットウッド氏は「インフレ率が上昇を始めたが、給与水準にはそれがまだ反映されていない。ただ、雇用主が徐々に実質的な賃上げ圧力を従業員から感じるようになることは間違いない」と指摘した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧