ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

原油の協調減産、サウジの日本向け供給に影響なし=サウジ当局者

2017年1月26日

[東京 26日 ロイター] - サウジアラビアのエネルギー産業鉱物資源省のアルサドゥン次官は26日、石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟の産油国による減産合意はサウジの日本向け原油供給に影響を与えないとの見解を示した。

同次官は東京で開かれた石油業界のシンポジウムで「最近のOPEC加盟国および非加盟国による減産合意は、サウジの日本との原油供給契約と原油輸出に影響を与えない」と語った。

サウジが加盟するOPECと非加盟産油国は昨年末、2017年1月から全体で日量180万バレル近い減産を実施することで合意した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧