[ロンドン 26日 ロイター] - 英銀行協会(BBA)によると、国内の銀行による12月の住宅ローン承認件数は4万3228件と、9カ月ぶりの高水準となった。11月は4万1003件だった。

ただ2016年通年では前年比4.1%減となった。

個人向け融資は前年比6.6%増。11月は6.4%増だった。

BBAのチーフエコノミスト、レベッカ・ハーディング氏は「英国の欧州連合(EU)離脱や将来の利上げに対する懸念から、2017年の企業と家計による信用需要が弱まる兆候があるにも関わらず、全体的には個人や企業の借り入れは高水準にある」と指摘。

「EU離脱後の英経済見通しがより明確になるまでは、企業の借り入れ需要の減少が投資手控えなどの前兆になるかもしれない」と述べた。