[フランクフルト 26日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のメルシュ専務理事は、巨額の国債買い入れによるレポ市場の歪みは、経済が回復するまで継続するとの見方を示した。専務理事は「国債の保有を維持しようとするノンバンクの広がりが、レポ市場のさらなる圧力を引き起こしそう」と指摘。

「ただ経済の回復とともに、市場の圧力は弱まり、無担保融資が再び魅力的になる可能性がある」と述べた。