ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ECB緩和策維持必要、物価の持続的上昇まで=IMF報告

2017年1月27日

[ブリュッセル 26日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)は、欧州中央銀行(ECB)は物価の持続的な上昇が確認できるまでユーロ圏全体のインフレを焦点に据え、緩和的な金融政策を維持する必要があるとの見解を示した。

IMFはユーロ圏に関する定例報告書を26日、ユーロ圏財務相に提出。ロイターが入手した同報告書によると、IMFは「われわれはECBの緩和的な金融政策スタンス、およびECBの物価安定の責務達成に向けた強いコミットメントを引き続き強く支持している」とし、「基調的なインフレが抑制され、産出ギャップがなおマイナスとなっていることは、長期間にわたり緩和的な政策を維持する必要があることを示している」とした。

そのうえで、ECBは2%を下回るがこれに近い水準としているユーロ圏全体の中期的なインフレ目標に焦点を置き続ける必要があると指摘。「ユーロ圏のインフレが持続的に回復するには、(産出ギャップがないドイツなどの)一部加盟国でインフレ率がECBの中期目標を上回っている必要がある」とした。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧