ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

インテル第4四半期、9.8%増収 データセンターサービス堅調

2017年1月27日

[26日 ロイター] - 米半導体大手インテル<INTC.O>が26日発表した第4・四半期(12月31日まで)決算は前年比9.8%の増収となった。パソコン(PC)市場が安定化していることに加え、データセンターサービスへの需要が増加したことが追い風となった。 純売上高は163億7000万ドルと、前年同期の149億1000万ドルから増加した。トムソン・ロイターがまとめたアナリスト予想平均の157億5000万ドルも上回った。

売上高はデータセンター事業が8.4%増の46億7000万ドルに拡大。携帯電話やタブレット端末向け半導体を含むPC事業は、4.3%増の91億3000万ドルだった。

インテルはアナリスト向け電話会議で、クラウド部門については第4・四半期と同水準の伸びを見込んでいるが、法人向け部門については改善を見込んでいないと説明した。

インテルはデータセンターやIoT(モノのインターネット)のほか、自動車向けの事業を強化し、PC事業への依存度を減らしている。

一方、純利益は35億6000万ドル(1株当たり0.73ドル)と、前年同期の36億1000万ドル(同0.74ドル)から減少した。

一時項目を除いた1株利益は0.79ドルで、予想の0.74ドルを上回った。

また、第1・四半期の売上高予想については、148億ドル(プラス/マイナス5億ドル)との見通しを示した。アナリストの予想平均は145億3000万ドル。

2017年度の売上高は前年比で横ばいと見込んでいる。これについてスタイフェル・ニコラウスのアナリストのケビン・キャシディー氏は、インテルの見通しは控えめな数字であり、投資家には好意的に受け止められたと指摘した。

決算発表を受け、インテルの株価は時間外取引で2.2%高で推移している。

*内容を追加します。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧