[フィラデルフィア 26日 ロイター] - メイ英首相は26日、英国が欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)の交渉を進める間に、英国と米国は互いに貿易障壁を一部解消できる分野や方法などの検討することは可能だとの見方を示した。

米国に向かう政府専用機内で記者団に語った。

メイ首相は27日にトランプ米大統領と会談する予定。

首相は、英国がEU加盟国である間は正式な自由貿易協定に関して踏み込める範囲は限定されているとした上で、「離脱前でも、両国が多くの分野における貿易障壁を一部解消する方法を検討する上でできることは多い」と指摘。

「実際に正式な自由貿易協定に署名できなくとも、両国にとっての利点を見出すことは可能だ」と語った。

首相はまた、イラン核合意を履行すること、トランプ氏が先にメイ氏に北大西洋条約機構(NATO)を重視する考えを伝えたことは重要だとも述べた。