ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

12月全国消費者物価は前年比-0.2%=総務省

2017年1月27日

[東京 27日 ロイター] - 総務省によると、12月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く、コアCPI)は99.8となり、前年同月比0.2%低下した。

ロイターがまとめた民間予測はマイナス0.3%だった。

12月の総合指数は前年比0.3%上昇した。食料(酒類を除く)およびエネルギーを除く指数は前年比0.0%だった。

また、1月の東京都区部消費者物価指数(生鮮食品を除く、コアCPI)は99.1となり、前年同月比0.3%低下した。

ロイターがまとめた民間予測はマイナス0.4%だった。

東京都区部の総合指数は前年比0.1%上昇した。食料(酒類を除く)およびエネルギーを除く指数は前年比0.0%だった。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧