ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
おもしろ県民性データブック

【和歌山県】自然への畏怖を抱き
あくせくせず心に余裕

都道府県データ:Vol.47

岩中祥史 [出版プロデューサー]
【最終回】 2011年3月24日
著者・コラム紹介バックナンバー

 つい最近、県の人口が100万を割ってしまった。同じ近畿地方で、人口の増加率が全国で第3位(2007~08年)という滋賀県とは対照的である。人口減は自治体にとってゆゆしき問題だが、和歌山県の場合、“悲しい宿命”といえなくもない。

 木の国との異名があるように、県の8割は森林である。それに由来する神秘性もあって、平安時代以来、高野山参りや熊野詣でといった信仰の地として栄えてきた。その名残といえる世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」もある。だが、パワースポット大流行の昨今にもかかわらず、集客力となるといま一つだという。

 神秘性というと聞こえはいいが、要は俗世間から離れているわけだから、交通の便が悪いのだ。そのため、近代に入ってから経済的な発展から取り残されてしまった。

 だが、さすが古くから開けてきた地だけに、人々の精神性は高いようである。というか、心のどこかに余裕のようなものがあり、何事に対してもあくせくしない。苦境から脱したいとの気持ちはあっても、無駄なことに努力を傾けたりせず、蓄財に励んだほうがよほど合理的という考えが強いのだろう。

 江戸時代は御三家の一つだったから、プライドが高く、諸事万般おっとりしている。人口減は大阪経済圏の落ち込みと軌を一にしているに違いないのだが、それをストップさせる手だてをほとんど講じることがなかったとの見方も強い。こうした気質は大阪流の合理主義に触れることの多い県北部(紀北)にとりわけ顕著だ。

 一方、平地が極端に少ない南部(紀南)の田辺・熊野地方は、古くから県外、それも遠くアメリカ大陸にまで出ていく人が目立つ。冒険心・探究心が旺盛で、進取の気性が強いからである。人付き合いであまり格好をつけることがないのは、目の前に黒潮が流れる海、背後にうっそうと生い茂る森林が迫っていることからくる、自然に対する畏怖心の強さによるものだろう。

 ただ、南北ともお金については概してシビアな人が多いので、安請け合いは禁物。長い歴史に対する崇敬の念を常に前面に出しながら接するのが得策だ。


◆和歌山県データ◆県庁所在地:和歌山市/県知事:仁坂吉伸/人口:99万8987人(H23年)/面積:4726平方キロメートル/農業産出額:1026億円(H19年)/県の木:うばめがし/県の花:うめ/県の鳥:めじろ

<データはすべて、記事発表当時のものです>

長らくご愛読いただき、ありがとうございました。
この連載を単行本化した『就活は県民性で勝負(仮題)』を6月頃出版予定です。ご期待ください。

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

岩中祥史 [出版プロデューサー]

1950年、愛知県生まれ。東京大学文学部卒。出版社に勤務後、独立して編集企画会社エディットハウスを設立し、現在、代表。著書に、最新刊『日本を変える「名古屋脳」』(三五館)、『アナログ主義の情報術』(梧桐書院)、『出身県でわかる人の性格』『札幌学』、『博多学』、『名古屋学』(新潮文庫)などがある。各県の気質を調査した、現代県民性評論の第一人者。

 


おもしろ県民性データブック

各都道府県民に共通する特長や意外な一面を、文化や歴史に基づきわかりやすく解説。各県民の性格を知れば、ビジネス上のコミュニケーションもきっとうまくいく!

「おもしろ県民性データブック」

⇒バックナンバー一覧