ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

消費者物価、12月は-0.2% ガソリン上昇でマイナス幅縮小=総務省

2017年1月27日

[東京 27日 ロイター] - 総務省が27日公表した2016年12月の全国消費者物価指数(CPI)は、指標となる生鮮食品を除くコアCPIが前年比マイナス0.2%となった。10カ月連続のマイナスだが、ガソリンなどエネルギー価格が上昇したため、マイナス幅は11月の0.4%から縮小した。

先行指標とされる東京都区部の今年1月のコアCPIもマイナス0.3%と、マイナス幅が12月の0.6%から縮小した。

<ガソリン、2年1カ月ぶりプラス>

12月の全国コアCPIを押し上げたのはガソリン。11月は前年比で4.1%下落していたが、12月は1.6%のプラスに転じ、2年1カ月ぶりに上昇して指数を押し上げた。灯油や電気代も下落幅が縮小した。

同時に公表された2016年(通年)の全国コアCPIは前年比マイナス0.3%となり、4年ぶりに低下した。外国パック旅行や衣料は上昇したものの、ガソリンが同12.3%、都市ガスが同13.7%と大きく下落したのが響いた。

1月の東京都区部コアCPIはガソリンのプラス幅が拡大(12月前年比2.6%上昇、1月同12.1%上昇)したほか、電気代のマイナス幅縮小が指数を押し上げた。

また卵やパン、めんつゆなどが昨年1月に下落していた反動で、生鮮食品を除く食品もプラス幅が拡大(12月前年比0.2%上昇、1月同0.5%上昇)した。

<日銀コアと同様の指数を1月分から公表開始>

総務省は同時に、消費者物価指数の新しい指数の公表を開始すると発表した。生鮮食品を除くコアCPIからエネルギーを除いたもので、現在日銀が独自に試算しているものと同種。今年1月分から3月以降に公表する。コアCPIと比べて振れの大きいエネルギーの影響を除いた物価の動きを示すとされる。

*内容、カテゴリー、写真を追加し再送します。

(竹本能文 編集:山川薫)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧