[ダブリン 26日 ロイター] - 欧州連合(EU)に加盟するアイルランドで、英国が正式にEU側に離脱を通告した後、それを一方的に撤回できるかどうかの法的判断を求める申し立てが提出される。

弁護士によると、27日にダブリンで申し立てを行う予定で、この法的判断が欧州司法裁判所に照会されることが目的という。

英国のメイ首相は3月末までにEU基本条約(リスボン条約)50条を発動し、正式な離脱手続きを始める方針。

英国政府側の弁護士は、正式な離脱手続きがいったん始まると撤回は不可能と主張しているが、一部のEU首脳は英国は離脱方針を転換できるとの見方を示している。

今回申し立てを行うロンドンの弁護士は、英国が他のEU加盟27カ国の同意なしに50条の発動を取り消せるかどうかの法的判断を求めている。

弁護士は声明で、アイルランドの高等裁判所で3月か4月までに審理が開かれる見通しで、最短で夏が来る前に欧州司法裁に照会される可能性があるとした。

イングランド、ウェールズ、北アイルランドに住む緑の党のメンバーが申し立てに加わる予定という。