ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

トランプ氏、米最高裁判事の指名難航なら手続き改定も視野

2017年1月27日

[ワシントン 26日 ロイター] - トランプ米大統領は最高裁判事の指名に上院民主党が抵抗すれば、フィリバスター(議事妨害)を打ち切るために必要な票を過半数に変更することも選択肢との考えを明らかにした。26日に放送されたフォックステレビのインタビューで述べた。

上院で採決に抵抗するフィリバスターを打ち切るには60票が必要だが、トランプ氏はこれを51票に引き下げる「核オプション」と呼ばれる規則変更について検討する可能性を示唆した。共和党の上院の議席は52にとどまる。

トランプ氏は欠員となっている連邦最高裁判所の判事について来週発表する。インタビューで「私の中では既に決めてある。ただ最終段階で変更することもあり得る」と述べた。

連邦高裁判事のニール・ゴーサッチ氏、トーマス・ハーディマン氏、ウィリアム・プライアー氏らが有力な候補とみられている。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧