[ワシントン 26日 ロイター] - 在米ヨルダン大使館は26日、ヨルダンのアブドラ国王が30日から米国を訪問し、トランプ米政権幹部と会談するとツイッターで明らかにした。アラブ諸国の首脳がトランプ政権幹部と会談するのは初めて。

大使館は、アブドラ国王とトランプ氏の会談が予定されているのかどうかについては明らかにしなかった。

アブドラ国王はロシア訪問を終えたばかり。ロシアのプーチン大統領はシリアの和平協議におけるヨルダンの支持に謝意を示した。ヨルダンは、米国主導のシリアでの過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦に参加している。

ヨルダンには、シリア内戦が始まって以来、多くの難民が流入。トランプ氏は25日、米ABCテレビで、避難民のための「安全地帯をシリアに必ず設置する」意向を示していた。

*見出しと一部内容を修正して再送します。