[ワシントン 27日 ロイター] - シンクタンクの米韓研究所のウエブサイト「38ノース」によると、北朝鮮が寧辺(ヨンビョン)のプルトニウム生産炉を再稼動した可能性があることが衛星画像から明らかとなった。

衛星画像は今月22日付。運転出力等は不明だが、かなりの出力で稼動している可能性もあるとした。

*カテゴリーを追加して再送します。