[ワシントン 27日 ロイター] - トランプ米大統領は27日、ホワイトハウスでメイ英首相と首脳会談を行い、英米の通商協定や過激派「イスラム国」掃討などをめぐり協議した。

英米の歴代首脳は両国を「特別な関係」と形容してきたが、トランプ大統領は会談後の共同会見で、「英国との絆を新たにした」とし、今後も関係強化に取り組む考えを示した。大統領就任後にトランプ氏が外国首脳と会談するのはメイ氏が初めて。

トランプ大統領は、欧州連合(EU)から事業許可を得るのに苦い経験をしたと語り、英国にとりEU離脱(ブレグジット)は良いことだと述べた。

メイ首相は、米国との通商協定に関して協議したとし、貿易、軍事面で関係強化を望むとの考えを示した。エリザベス英女王がトランプ氏に年内の訪英を要請し、トランプ大統領がこれを受け入れたことも明らかにした。

トランプ大統領はまた、対ロシア制裁に関する質問に対し、制裁解除の検討は「極めて初期の段階」と述べた。これに対し、メイ首相は「(ウクライナ和平に向けた)ミンスク停戦合意が完全実施されるまで対ロシア制裁は維持すべき」とし、制裁解除は時期尚早との立場を表明した。

トランプ氏は28日、就任後初めてロシアのプーチン大統領と電話会談する見通しで、トランプ氏が制裁を近く解除するのではとの見方が出ていた。

トランプ大統領が時代遅れとして批判していた北大西洋条約機構(NATO)をめぐっては、メイ首相が会見の冒頭で「われわれは揺ぎないコミットメントを再確認した」と強調した。