[上海 27日 ロイター] - 中国の金融機関が仮想通貨の基盤技術である「ブロックチェーン」(分散型台帳)の導入に躍起になっている。不正防止に役立つとみた当局が積極的な利用を働きかけているためで、人材の奪い合いから専門技術者の報酬が高騰している。

中国の金融機関は世界的にも屈指の規模を誇るが、業務ではいまだに紙やファックスが使われ、書類の決裁も印判を使うことが多い。

金融機関では昨年、書類のすり替えによる詐欺事件が多発。調査会社クロールによると、昨年中に詐欺事件に巻き込まれた金融機関の比率は86%に上り、世界平均を4%ポイント上回った。

ブロックチェーンは台帳システムのため、あらゆる変更が記録され、不正を行うのが難しい。そのため金融機関や規制当局は透明性の向上や安全性の確保に役立つとみている。

工業情報省は昨年10月、ブロックチェーンに詐欺防止手段としてのお墨付きを与え、人民銀行(中央銀行)も後押しする姿勢を示した。

ブロックチェーンの世界的プロジェクト「ハイパーレジャー・プロジェクト」のエグゼクティブディレクター、ブライアン・ベフレンドルフ氏は「中国のブロックチェーンに対する関心は本物だ」と話す。

銀行関係者などによると、中国の金融機関はブロックチェーンをてこに技術面の遅れを一気に挽回し、システムを一掃しようとしている。

平安保険<601318.SS>の最高イノベーション責任者ダニエル・ツー氏によると、平安グループはこの1年間に約35人から成るブロックチェーンチームを立ち上げた。プロジェクトが成功すれば、子会社にもブロックチェーンの専門家を専任で置くという。

調査会社ロバート・ウォルターズのシニア・マネジング・ディレクターのスティーブン・シェン氏によると、平安銀行や中国銀行などの銀行がブロックチェーン向けの投資やプロジェクトを発表しており、10行程度が専門家30人程度を採用する方向だという。

人材斡旋会社やブロックチェーンの専門家によると、中国の銀行のブロックチェーン技術者への需要は昨年2倍以上に増え、今年はさらに強まるとみられる。各社が先を争って西側金融機関に追いつこうとしているためだ。

幹部人材斡旋会社ヘイズのマネジングディレクター、サイモン・ランス氏は「(ブロックチェーン専門家に対する)需要は急速に高まっており、軟化の兆しは皆無だ。今年も年間で昨年並みの伸びを見込んでいる」と述べた。

銀行や人材斡旋会社は人材を求めて国内の大学をくまなく訪れており、幹部職については報酬を50%引き上げ、最大120万元(17万5000ドル)の給与を提示して人材をかき集めようとしている。中級の職員の給与は40万─60万元だ。

(Engen Tham記者)