[ニューヨーク 27日 ロイター] - 27日の原油先物相場は下落した。

ベーカー・ヒューズのデータで、米石油掘削リグ稼働数が増加したことを受け、産油国の減産効果に懸念が広がった。

ウェスト・テキサス・インターミディエイト(WTI)原油先物<CLc1>3月渡しが0.61ドル(1.1%)下落して1バレル=53.17ドルで清算した。

北海ブレント先物<LCOc1>も0.72ドル安の同55.52ドル。