ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

カナダ、米入国制限で足止めされた人に一時滞在許可へ=移民相

2017年1月30日

[オタワ/トロント 29日 ロイター] - カナダのフッセン移民・難民・市民権相は29日、トランプ米大統領が難民や中東・アフリカ7カ国の市民の入国を制限する大統領令に署名したことで足止めされた人に対し、一時滞在を許可する方針を明らかにした。

フッセン移民相は記者会見で、対象者が何人いるかはわからないが、カナダから米国行きの航空便への搭乗を拒否された人は少数だとの認識を示した。

同相は「カナダで足止めされた人に対し、必要なら一時滞在許可を出す」と述べた。

カナダはトランプ大統領の措置について現時点で批判は差し控えており、難民を受け入れるカナダ政府の姿勢を強調するにとどめている。

これより先、カナダのIT(情報技術)企業200社の創業者や幹部らは、米大統領令の影響で足止めされた人に一時滞在を許可するようカナダ政府に求めていた。

一方、カナダ難民評議会とカナダ市民自由協会は政府に対し、米加以外の「安全な第三国」に難民を送還するための2国間協定から撤退するよう求めたが、フッセン移民相は受け入れない意向を示した。

米国の入国制限についてはカナダの中央・地方政府の政治家から批判の声が上がっており、野党の新民主党は連邦議会での緊急審議を求めている。

トロントの米総領事館は、抗議デモが予定されているため30日は業務を停止すると発表した。

カナダはIT業界の人材を世界中から呼び寄せるとともに、国外への人材流出に歯止めをかける取り組みを行っている。米シリコンバレーで働くカナダ人は30万人を超える。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧