[東京 30日 ロイター] - トランプ米大統領によるイスラム圏の7カ国からの入国禁止措置を受けて、日本航空<9201.T>は30日、米国便のチェックイン時、同7カ国のパスポートを所持した旅客の入国の可否を米国境警備当局に照会することを決めた。入国が許可されないことが判明した場合、旅客にその旨を伝え、搭乗を控えるようすすめるという。

(白木真紀)