[東京 30日 ロイター] - NHKや共同通信などの国内報道によると、30日朝からカメラによる調査が行われている東京電力福島第1原発2号機で、原子炉真下の作業用の格子の上に黒い塊が見つかったと報じた。報道によると、この塊は燃料デブリの可能性があるとして、東電は来月上旬、ロボットを使ってより詳しい調査を行う、としている。